テレビ放送中  超かわいい映像連発! どうぶつ ...
ラジオ放送中  
menu
平和文学朗読キャラバン 2019
2019/07/12

2019年7月12日(金)対馬市立鶏知中学校

【担当アナウンサー】村山仁志・住吉光

【朗読図書】

1「原子雲の下に生きて 長崎の子供らの手記 (辻本一二夫)」 永井隆編(大日本雄弁会講談社)
2「城山国民学校の物語 三宅レイ子さんが体験した原爆」文・絵 マルモトイヅミ


【感想文】(原文のまま)

「NBCアナウンサーの方の朗読は、はきはきとしていて平和への訴えがよく伝わりました。僕は、村山さんが読んでくれた城山小学校の話を聞いて、生き残った人の絶望感や、もし僕だったらと思うと怖くなりました。だから、僕は戦争の恐ろしさを忘れず、下の子へ伝えていき、もっと戦争について学んで、原子爆弾という兵器をこの世界からなくしたい。そしたら、真の平和になると思う。もう二度と戦争をしてほしくない」(1年)

「私は、NBC平和文学朗読を聞いて、ふだん本物のアナウンサーの朗読を聞くことがないので、とてもいい経験になりました。そして、一人で何役もしていてすごいなあと思いました。同じ内容のお話でも、読みかたによって伝わり方が全然ちがうんだなと思いました。8月9日の平和集会でも、今日学んだことを思い出して、改めて戦争をしてはいけないことをみんなで考えていきたいと思いました。私たちは、長崎に生まれた以上、平和の大切さを知り、みんなに伝えていくという使命があると思うので、自分で考えるだけでなく後の世代にも伝えていきます」(3年)

「初めてアナウンサーの方の朗読を聞きました。とても聞きやすくて、お話の内容がわかりやすかったです。小学校の先生のお話を聞いて、とてもつらい気持ちになりました。その先生は、たまたま昼からの仕事になったけど、原爆によって他の先生たちは亡くなったり、やけどを負ったりしてしまいました。残された先生たちで、張り紙をして学校を開こうとしたのがすごいと思いました。今日の朗読で、今まで戦争について調べたりしてきたことへの理解が深まり、また、平和についての意識が高まりました。村山さんと住吉さんは、平和や戦争についての自分の考えを話されていてすごいと思いました。私もそんな風にたくさん伝えて、二度と戦争が起こらない世の中にしていきたいです」(2年)

このページの一番上に戻る