テレビ放送中  
ラジオ放送中  
menu
平和文学朗読キャラバン 2018
2018/09/03

2018年7月9日 諫早市立喜々津東小学校

【担当アナウンサー】寄川 淑仔・染矢すみれ

【朗読図書】
 「あの夏の日」(絵と文 葉祥明)
 「かわいそうなぞう」(文:土家 由岐雄、絵:武部 本一郎)
 「人間はたからもの」(愛敬恭子)
 「母の遺言」(愛敬恭子)

【感想文】(原文のまま)

「くにとくにとがけんかしないようにへいわにしたいです。自分のいのちをまもりたいです。一人一人がけんかもしないでへいわにくらせるようにしたいです。」(2年)

「原ばくはこわいなと思いました。そして、もっと原ばくのことを知って自分ができる事をしていったら平和になると思いました。」(3年)

「戦争というのは自分自身をきずつけ、相手までもきずつけてしまうおそろしい争いです。なので、相手の立場を考え共感することが大切だと思います。そうして相手を分かち合うことを大事にしていきたいです。」(4年)

「今ここにげんしばくだんが落とされたら、今のこの生活ができなくなる。こんなことを考えると今を大切に過ごさないといけないと感じます。家族を大切に、友達を大切に、生き物を大切に、物を大切に、一日一日を大切に過ごしていきたいです。」(6年)

このページの一番上に戻る