テレビ放送中  アッコにおまかせ!
ラジオ放送中  連盟賞参加番組オンエア
menu
村山 仁志
2016/04/12

猿が出ました・・・!

きのうは、野生の猿に至近距離から威嚇されるという、初めての経験をしました。

「長崎市の諏訪神社横にある小さな動物園から、猿が逃げ出したらしい」という情報が報道部に入ったのが、午前11時半でした。これは是非、ラジオで中継したいと思い、バイクで諏訪神社に急行……したら、いました! 体長80センチの立派なお猿さんが。

この場合の体長は、頭のてっぺんからお尻までの長さ。人間でいうと座高です。座高80センチって、結構大きいですよ。小学校低学年くらいの子が四つん這いで走り回っている感じ。

取材すると、猿は逃げ出したのではなく、野性の猿だということが分かりました。どこから来たのかは分かりません。諏訪神社構内に出現したのも、初めてとのこと。
神社隣りの幼稚園では、入園式が行われ、境内には小さな子どもたちも沢山います。猿と出会ったら危険です。注意を呼びかけなければいけません。
私は視野の片隅で猿の姿を時折り捉えつつ、正午からのラジオ番組「情報コンビニ 午後ゴGO!」で電話リポートを始めました。
公園管理事務所の方に「間近に猿が来たらどうすればいいですか?」と質問し、「目を合わさないように」などとお答え頂いた直後、なんと、猿が私の真ん前に走って来ました。真っ赤な顔で、歯をむき出しにして威嚇しています。かなりの迫力です。事務所の方のアドバイス通り、猿と目を合わさないようにしてやり過ごすので、精一杯でした。

私と一緒に取材していたカメラマンの映像は、こちら。

1460447087

現場に駆けつけた長崎市の方によりますと、「猿は有害鳥獣ではないので、猪や鹿のように捕獲は出来ない」とのこと。山に追い立てるしかないのだそうです。ただ、かなりのスピード、跳躍力で移動しますし、威嚇してきますので(こちらが近寄らなくても、猿の方から近づいてくる)、長崎市の皆さんも対応に苦慮している様子でした。

結局猿は、諏訪神社~長崎公園~付近の住宅街を走り回った後、夕方には姿を消しました。恐らく、山に帰ったものと思われます。

一体彼(オスでした)が何をしにきたのか・・・それは、誰にも分かりません。

 ☆ ☆ ☆

一晩経ち、NBCには「きょうも猿を見ました」という情報が朝から多数寄せられています。万が一のことがあると危ないので、以下、ご注意ください。(※長崎市農業振興課の方に教えて頂きました)

(1)猿の出没情報がある場所には、なるべく近寄らない。
(2)もし猿を見かけたら、長い棒などで自分の足元を叩き、猿を驚かせる。
(3)猿と目を合わさないようにする。

このページの一番上に戻る