テレビ放送中  
ラジオ放送中  
menu
村山 仁志
2018/10/04

村山が絶対の自信をもっておススメする映画!

村山が絶対の自信をもっておススメする映画!

それは・・・現在、TOHOシネマズ長崎・イオンシネマ佐賀大和・109シネマズ佐賀で上映中のアニメーション映画「若おかみは小学生!」です。

インターネットの一部で「大変な名作!」と騒がれているこの作品。
原作は児童文学。ポスターを見ると、絵柄も可愛らしくて、いかにも子供向けのビジュアルです。

そんなに凄いのかな・・・と半信半疑で観に行きましたところ・・・

 

本当でした!!!!!!!!!!

これはとんでもない良作です!

両親を亡くした小学6年生の主人公が、祖母の経営する旅館に引き取られるのですが・・・

もう、始まって5分くらい経ってから、涙腺が緩みっぱなし!
途中は主人公と一緒に号泣! 嗚咽! いい大人が声をあげて泣いてしまいました。
終わった後、トイレの個室にしばらく籠って、ハナをかみました。
本当の話です。

まさかこんなに心を揺さぶられるなんて。

2年前、長崎で公開される前に、ウワサを聞いてわざわざ福岡まで見に行った「この世界の片隅に」も歴史的な名画でしたが、今作「若おかみは小学生!」も負けず劣らずの名作です。

それもそのはず、監督は「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」などスタジオジブリ作品で作画監督として活躍し、「茄子 アンダルシアの夏」を手がけた高坂希太郎さん。脚本は「映画 聲の形」「夜明け告げるルーのうた」の吉田玲子さん。実力派ぞろいの豪華スタッフなのです。

 

いやしかし、この映画については、あまりウンチクは語りたくないのです。

とにかく「イイ!」のです。

映画「若おかみは小学生!」は、私にとって、これまで観た全ての映画の中でNo.1を争うレベルの作品です。
(ちなみに私は、年間50~60本、劇場で新作映画を見ています)
ふだんパンフレットを買わない私が買い、1500円の絵はがきセットを2セットも買うくらい、感動しました。


皆さま、騙されたと思って、劇場に観に行くべきです!
絶対にソンはさせません!!
残念ながらこの作品、映画「この世界の片隅に」ほどは話題になっていませんので、上映が終わる前に! 今すぐ!!

このページの一番上に戻る