NBC長崎放送

2021/12/08/12:28

年末を前に金融機関で「強盗」想定訓練

現金の取り扱いが多くなる年末を前に7日、長崎市の金融機関で強盗事件の発生を想定した訓練が行われました。

訓練は客を装って入り込んだ犯人がけん銃などで職員を脅して現金を奪い、車で逃走した想定で行われました。職員は安全を確保した上で犯人の特徴や逃走経路を把握し、それを警察官に伝えるまでの手順を確認しました。

訓練を行った近畿産業信用組合長崎支店では発生に備えて情報把握などの役割分担を決めているほか、身長を把握するためのテープをドアにつけるなどの備えも進めています。山村将慶支店長は「実際発生した際にどこまでできるか分からないが、事前の準備を心がけている」と話していました。

県内では2014年以降金融機関での強盗事件は発生していませんが、警察では年末に向けて警戒を強めていく方針です。

動画投稿
もっと見る

気象情報

天気/降水確率

防災情報

地震情報

新型コロナ情報

新型コロナ 新型コロナ 長崎県警 防犯情報
このページの一番上に戻る