テレビ放送中  Nスタ VX製造どこで?オウム...
ラジオ放送中  50ニュース
menu

NBCニュース

2017年02月27日(月)

出島に表門橋が架設

江戸時代、唯一、海外との貿易拠点だった長崎市の出島に27日、当時と同じように橋を渡って往来できるよう、橋が約130年ぶりに架けられました。
出島は鎖国時代に作られた扇型の人工の島で、現在は陸続きになった出島では、復元整備が進められています。多くの関係者や市民が見つめる中、架けられたのは「表門橋」と呼ばれる、出島唯一の出入り口だった橋です。本来は長さ5メートルほどの石橋ですが、明治になって川幅が広がったことと、出島は国の史跡で土台工事ができないため、対岸に加重をかけてバランスをとる特殊な鉄製の橋になりました。橋が架けられることで、当時と同じように橋をわたって出島と行き来ができるようになります。今後、表門橋は、床材をはったり手すりや照明を整備して、11月下旬には通行できるようになる予定です。

このページの一番上に戻る