ソラカラNAGASAKI 息づく「本気のいなか8(エイト)」たち|長与町|時津町|東彼杵町|川棚町|波佐見町|小値賀町|佐々町|新上五島町
ソラカラNAGASAKI
 
2017/06/30

荒野に勇気(有機)を与えた茶畑 佐々町

緑豊かな山々に囲まれた、谷間に広がる佐々町は
大正から昭和にかけて、炭鉱の町として発展しました。
閉山後は、温潤な気候を生かした農業が盛んに行われています。

 

古川岳展望台

番組冒頭のカットを撮影した展望台。
登るまで少々体力を要しますが、ここから眺める風景は
一見の価値あり。

 

佐々川

県内でも有数の流域面積を誇る佐々川。
町のシンボルともいえるこの川は、早春にはシロウオ漁、夏には鮎釣りが行われるほどの清流。
川沿いは早咲きの「河津桜」の名所としても知られています。

 

北村製茶

標高300メートルほど、元々荒れ地だったこの山は
昭和初期に入植した人々によって開拓され、現在の姿になりました。

北村製茶では、この地の利(他の畑からの影響を受けにくい)を活かし、50年近く前から
有機栽培によるお茶づくりに取り組んでいます。
これまでには大変な苦労があったそうですが、その先見の明には驚かされます。

 

松浦鉄道

石炭の運搬の為に整備された鉄道は、今では人々の生活に欠かせない足となっています。
1両編成のとても小さな列車ですが、学生で賑わう車内は活気に溢れていました。
佐々川に沿って田園を走る松浦鉄道は、とてもいい風景でした。

 

佐々町のソラカラNAGASAKIは
NBC長崎放送「あっぷる」で7/13(木)ロングバージョンを放送します。
ぜひご覧ください。

 

【お世話になったお店】

一覧に戻る