ソラカラNAGASAKI 息づく「本気のいなか8(エイト)」たち|長与町|時津町|東彼杵町|川棚町|波佐見町|小値賀町|佐々町|新上五島町
ソラカラNAGASAKI
 
2017/12/19

長崎の「へそ」にある、マッターホルンと奇跡の棚田 川棚町

長崎県のほぼ中央に位置する川棚町は、川棚川が大村湾にそそぐ水豊かな場所。
山側には、九州のマッターホルンと言われる虚空蔵山がそびえています。

 

八大竜王

大崎半島の海岸線には大村湾の波に洗われて出来た洞窟が。
その洞窟の一つには、水や雨に縁のある神様、八大竜王が祀ってあります。

 

大崎くじゃく園

川棚町のシンボル、孔雀は、元々インドから贈られた10羽が最初だそう。
現在では約200羽の孔雀がここで暮らしていて、間近で触れ合うことができます。

 

虚空蔵山

九州のマッターホルンと言われる虚空蔵山はその名の通り、市街地からは鋭角な山頂を望むことができますが、
空から見ると、山頂は意外にもテーブル形をしていました。

 

日向の棚田と石木川

虚空蔵山から流れる石木川の上流にある、日向の棚田。
狭い谷間に沿って、細長い棚田が続いています。

 

片島魚雷発射試験場跡

廃墟マニアには有名な、片島魚雷発射試験場跡は
今では、コスプレイベントや竹灯籠祭りが開催されるなど、川棚の新たな名所です。
ちなみに片島は、今では陸続きですが、元々は島であったそうです。

 

一覧に戻る