テレビ放送中  
ラジオ放送中  
menu

NBCニュース

06月30日 18時41分

谷川議員の陣営関係者を起訴 連座制に当たらず

https://nbc-video-bucket-output.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/video/nbc/2020-06/0630N-tanigawagiin_1.m3u8

3年前の衆議院議員選挙をめぐり公職選挙法違反の疑いで書類送検されていた自民党・谷川弥一議員の陣営関係者7人について長崎地検はきょう2人を起訴、1人を略式起訴しました。起訴された3人は連座制の対象には当たらないとしています。公職選挙法違反の罪で起訴されたのはいずれも2017年に行われた衆議院選挙で当選した谷川弥一議員の陣営関係者だった長崎市の永田久弥被告60歳と大村市の小柳伊佐義被告44歳の2人です。起訴状などによりますと2人は、うぐいす嬢への報酬が1日あたり1万5千円までと決められているのに衆議院選挙の2か月後にうぐいす嬢4人対する報酬としてさらに合計78万円を支払ったとされています。このほか2人と共謀した長崎市の51歳の男も略式起訴されました。公職選挙法では選挙事務所の総括主宰者や候補者の親族らが選挙違反によって有罪が確定した場合、連座制を適用し候補者本人の当選を無効とすると定めていますが長崎地検は今回、起訴・略式起訴した3人は連座制の対象には当たらないと判断しました。他に書類送検されていた4人については犯罪を認められる証拠が集まらなかったことや反省の態度を示しているなどとして不起訴処分としました。

https://www.nbc-nagasaki.co.jp/news_files/thumbnail_b/2020-06/Still0630_00010_0.jpg
このページの一番上に戻る