テレビ放送中  
ラジオ放送中  
menu

NBCニュース

06月13日 19時15分

米朝首脳会談「非核化」県内の反応

https://nbc-video-bucket-output.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/video/nbc/2018-06/20180613N-nagasaki.m3u8

 朝鮮半島の非核化や平和体制の構築などが共同声明に盛り込まれた史上初の米朝首脳会談。県内の韓国人留学生や被爆者らはどの様に受け止めたのか。反応を取材した。

 「キム委員長と私は共同宣言に署名しました。揺らぐことない完全な朝鮮半島の非核化を約束しました」(米国・トランプ大統領)
 12日の米朝首脳会談では朝鮮半島の非核化や持続的な平和体制の構築に努力することなどを盛り込んだ共同声明が出された。
 韓国から来た留学生たちもテレビで会談の行方を見守り1日も早い朝鮮戦争の終結に期待を寄せた。
 「今日の会談は本当に歴史的な事だと思います。非核化が進行するのは嬉しいことだと思いますし、今までは戦争が終わるなんて思わなかったんですけど、(終戦は)遠くないと感じました」(韓国人留学生チェ・ジュンユンさん)
 8月には帰国するというユンさんは近くて遠かった隣の国を訪れる日を楽しみにしている。
「北朝鮮に旅行することができるかなと、8月はちょっと早いですけど、すぐできるかなと思います。近いけど行ったことがないから本当に行きたいです」(韓国人留学生ユン・ヘミさん)
 長崎原爆被災者協議会の田中重光会長は具体的な非核化の道筋が示されなかったことに不満が残るものの今回の会談を足掛かりに信頼関係を築きながら非核化を実現して欲しいと期待している。
 「中身については今からだと思います。大枠で大体、合意できた訳ですから、お互いの信頼関係を築いて、終戦協定、平和協定が結ばれていく。そういう信頼関係の中で北朝鮮の非核化も進んでいくんじゃないかと思います」(長崎原爆被災者協議会・田中重光会長)
 長崎市の田上市長は「核廃絶は政治的な意思で前進させることができると感じた」とした上で市民の力でそうした意思を後押ししていきたいと述べた。
 「政治的なリーダーたちが(核廃絶の)政治的意思を持つことができるように、或いは持たせるように世論を作っていくというのが市民社会の役割でもあると思いますので長崎、広島、そして多くの市民社会の皆さんと一緒になってその後押しをしていきたいと思います」(田上長崎市長)

https://www.nbc-nagasaki.co.jp/news_files/thumbnail_b/2018-06/20180613N-nagasaki.jpg
このページの一番上に戻る