テレビ放送中  アニメサタデー630「100%...
ラジオ放送中  ドクターごとうの熱血訪問クリニ...
menu
番組でご紹介した情報
2017/06/20

野口麻里のゴーゴースクール「雪浦小学校でケーナ」

学校やカルチャースクールにおじゃまして、頑張ってらっしゃる方々を応援する「野口麻里のゴーゴースクール」!!
 今回は西海市大瀬戸町にある雪浦小学校に行ってきました(*´∀`)

雪浦小学校は全校児童32人。少人数ですがとってもアットホームで児童のみなさんも素直で元気!挨拶がしっかりできるのは素晴らしいですね♡

ここで取り組まれているのが…ケーナの演奏!
竹でできている、南米の民族楽器なんです。

中継で演奏してくれたのは5,6年生14人。
雪浦小学校では15年ほど前から演奏に取り組んでいます

教えているのは雪浦に住んでいらっしゃる川添さんと山田さん

川添さんは、雪浦の川添酢造の社長で、あっぷるの料理コーナーの久保桂奈さんのお父さま!
ケーナが大好きで、娘さんのお名前もここからとられたそうですよ

ケーナづくりから始め、演奏の指導をなさっているそうです
地域の方の取り組みが子どもたちの成長に関わっているって良いですよね

みんなはmyケーナをとっても大事にしていて、吹きながら下校しているそうです。自然豊かな雪浦に響く音色はさぞ素敵でしょうね♫

でも音を出すのは本当ーーーに大変!
私は3日間ほど練習して、「スースー」(空気がぬけていく音)としか鳴らせませんでした(´;ω;`)

吸収力のあるみんなは「コンドルは飛んでいく」をとっても上手に演奏してくれて、感動しましたよ~!
言ってしまえば、竹に穴が空いているだけのシンプルな楽器。
でも息の強弱で音程を変えたり、穴の塞ぎ方でいろんな音を奏でられるケーナは奥深い!!!!

ずっと使っていると、味がある色になり、音にも深みがでるそうですよ

さらに、雪浦小学校では校長先生のはからいで俳句に熱く取り組んでいます!
この日の給食はたまたま「アップルコンポート」。そこで一句
うまい!!!!ちなみに中継は、緊張してガチガチになったそうです(゚∀゚)

その他にも素敵な俳句がたくさん!(海人くんの後ろの壁にあるカラフルな紙にはすべて俳句がよまれています!)
語彙力も身につきますし、それを楽しく取り組んでいるのが良いですよね

学校全員で歓迎していただき、ありがとうございました♡
10月に予定されている、西海市小中学校総合文化祭で演奏するそうですので、ぜひ心に響くケーナの演奏を肌で感じてみてください♫

このページの一番上に戻る