NBC長崎放送

2018/06/08/18:39

ゴーゴースクール「諫早市立明峰中学校こと部」

今回訪ねたのは諫早市立明峰中学校の「こと部」
県内でもわずか2つしかない「中学生のこと部」なのです!
毎年、筝の全国大会に出場。一昨年から2年連続で入賞していて、
去年は全国3位でした☆☆☆

部員9人のうち小学生からの経験者は…
なぜこんなに筝に親しみがあるかと言うと明峰中学校では、音楽の授業で筝を取り入れていて、
「さくらさくら」を全員が弾けるようになるそうですよ♬

しかし、こと部となるとレベルが違います!
自発的に朝早く登校したり昼休みに集まったりして練習をしているそうです
(もちろん先生が強制しているわけではありません☆)
自分たちで教えあっています

十七絃と呼ばれる筝を担当するのは学年に1人
弦も普通の筝と比べて太く、力が必要です
ベースの役割で、音も深く響きます

3つのパートに分かれて演奏するのはミレニアム・ロード
お正月のBGMのイメージがありましたが、
現代的で、筝の音の重なりで奏でられる音色はとてもダイナミックでした!
楽譜が漢文のよう!

始めたきっかけは、お姉さんがこと部だったことや

全国的にも珍しいため、地方大会などがなくいきなり全国大会ということで
「全国大会に出て賞を取りたかった」
「明峰中は文化部が『美術同好会』か『こと部』しかなくて、文化部に入りたかった」
と、明峰中ならではの理由も…

経験がなく入部しても、一人ひとりが一生懸命、そのレベルに追いつこうと頑張っています
筝の魅力は「音が揃ったときのやりきった感と感動」

1年生は1人だけ!
優しい先輩方に囲まれて日々成長しています☆
全国大会は来月!人の心に届く演奏が目標です♬
これからも頑張ってくださいね♡
ありがとうございました!

戻る
このページの一番上に戻る