テレビ放送中  天気予報
ラジオ放送中  オールナイトニッポンMUSIC...
menu
染矢 すみれ
2016/03/11

メッセージ

長崎歴史文化博物館で写真展が開かれています。
「福島のすがた ―3.11で止まった町」

福島県出身のカメラマン飛田晋秀さんが撮った写真およそ140点が展示されています。

1457671273

飛田さんは福島第一原発から50キロほど離れた場所に住んでいます。
「福島を風化させてはいけない」という思いから
震災の1か月後に被災地に入って以来、「福島」を撮り続けています。

大切な人を亡くした方の話、仮設住宅で暮らすおばあちゃんの話、家族離れ離れで暮らしている方の話、心に傷を負った子どもたちの話

写真を見ながら、飛田さんからたくさんの話を聞きました。
飛田さんがシャッターを切る瞬間、その一瞬一瞬にたくさんの方の想いが詰まっているんだと感じました。

震災から5年。
原発事故と向き合うことを考えると、「まだ5年」なのかもしれません。
まずは、5年たった今も崩れた家を片付けることさえできない福島の今を知ることが大切だと思います。

写真展は13日まで開催。無料で見ることができます。
飛田さんのメッセージを、「福島」のメッセージを受け取ってください。

このページの一番上に戻る