テレビ放送中  天気予報
ラジオ放送中  NBC R40
menu
林田 繁和
2016/12/23

ダンスは恥だが首位に立つ ~恋ダンス・続報

思いがけず、私の参加した「恋ダンスNBCバージョン」が、TBSテレビで12月20日に放送されたNスタ(一部地域放送)の「逃げ恥」恋ダンス 第1回 星野 源選手権で一位になりました。

ただこの選手権。評価基準はダンスが上手い…ではありません。
星野源さんに似ているか…でもありません。
いかに《いい味だしてるか》というものでしたが、構いません。一位は一位です。

社会現象ともなった「恋ダンス」はJNN系列28局全てが、それぞれのアナウンサーやパーソナリティらで自局バージョンを制作しました。
それらのなかから、情報ニュースワイド番組Nスタのスタッフがエントリー作品を独自に選定。
まずは「(勝手に)新垣結衣選手権」が12月13日に放送され、北陸放送の小野塚愛美アナウンサーが選ばれました。
そしてその翌週が星野源選手権です。

一週間ほど前に「エントリー作の一つとしてNBCを選びました」とNスタスタッフから連絡があり、苦労した点や選ばれた感想などたっぷりと電話取材を受けました。
その時点では、「星野源選手権もスタッフが独自に選定します」とのことでした。

ところが、その数日後、事態は急変。
なんと放送当日、急遽スタジオに新垣結衣さんと星野源さんをお迎えし、3つの「恋ダンス」を実際にご覧頂いて、みくりさんこと新垣結衣さんが一位を選ぶことになりました、との連絡が!

こうなると…私のみならず局内のテンションもあがります。
残念ながら、長崎ではネットしていない午後4時台での放送でしたので、当日は、放送専用回線で送られてくる映像を皆で食い入るように見つめました。

私は「いぶし銀の星野 源 NBCの林田繁和(50)」として紹介されました。
ほか2局は北海道放送の堀内大輝アナ(24)、大分放送の村津孝仁 アナ(40)です。

そして、それぞれが紹介された後、堀尾さんが「この中から優劣をつけてください。一番良かったのは?」と問いかけます。
ガッキーは、少し困った表情を浮かべながらも…

 

「えーーー。じゃ3番の林田さん」

 

もう一度言います。《ガッキーが私を選び、私の名前を呼んだ》のです。

ウォー。やったー。私のいる報道フロアーでは男どもの歓声があがります。

その後、ガッキーは選考ポイントについて
「実は真面目な方なんだろうなと。頑張ってなりきってるんですけど、ちょっと照れも感じるところが可愛らしい。頑張ってるんだなというのがいいなと思います」とコメント。

 

もうね、みくりさん、お腹一杯です。ごちそうまさまでした。

 

以前のブログにも書きましたが、ダンスが下手で、憶えられなくて、悲しいくらい動けなくて。
自嘲ぎみに「生き恥を晒す《生き恥ダンス》」としか呼べなかった私にとって、年末のとてつもないご褒美をいただきました。
頑張った甲斐がありました。新垣結衣さん、ありがとうございました。

このページの一番上に戻る