NBCニュース

YOSAKOIさせぼ祭り開幕
10月24日
過去最多の175チーム・約7000人が参加する「YOSAKOIさせぼ祭り」が24日から開幕します。今年で17回目となる「YOSAKOIさせぼ祭り」は10月24日〜26日までの3日間に渡って行われ、初日は名切のお祭り広場で夕方5時半から前夜祭が行われます。また25日・26日の2日間は、全国から集まった175チーム・約7000人の踊り子たちが、市内13の会場で鳴子を響かせながら、勇壮な踊りを披露。最終日の夕方4時半からは、予選を勝ち抜いた17チームがファイナルのステージに挑む事になっています。3日間の期間中の人出は約27万人が見込まれており、主会場となる名切広場やパレードが行われる四ヶ町アーケード周辺などでは、25日・26日の2日間は交通規制も行われます。
トヨタ系の部品工場の佐世保進出が決定
10月24日
トヨタ系の自動車部品製造会社が佐世保市の工業団地に新工場を建設することが決まりました。新たに工場を建設するのは、愛知に本社があるトヨタ系の自動車部品製造会社「シーヴイテック」です。「シーヴイテック」は新会社を設立したうえで、佐世保市小佐々町にある市営工業団地に、自動車用変速機の金属ベルトを生産する工場を建設することを決めました。トヨタ系の自動車部品会社が、県北に工場を建設するのは今回が初めてです。「シーヴイテック」では再来年12月の工場稼働を目指しており、従業員は地元採用を中心に200人規模となる見通しです。なお、立地の調印式は来月にも行われる見通しです。
芝桜公園のコスモス見ごろ
10月24日
コスモスの新たな名所・島原市の芝桜公園では1000万本ものコスモスが見ごろを迎えています。平成新山を望む島原市上折橋町の「芝桜公園」は、雲仙普賢岳噴火災害からの復興の象徴にしようと3年前に整備されました。公園の広さは3ヘクタールあり、春は芝桜、秋はコスモスの花が楽しめるようになりました。今年は1000万本のコスモスが順調に育ち、白やピンク・紫の可憐な花を咲かせています。秋の行楽シーズンを迎え、週末には観光客や市民ら1000人ほどが訪れており、島原半島の新たなコスモスの名所になっています。芝桜公園のコスモスは、今月いっぱい見ごろが続きます。
長崎市で「京都歴代のれん市」開催
10月24日
京都の魅力あふれる商品を一堂に集めた「京都歴代のれん市」が、長崎市の浜屋百貨店で開かれています。「京都歴代のれん市」は浜屋百貨店が毎年この時期に開いているもので、今回で36回目です。京都伝統の和菓子や工芸品などを販売する、56の名店が出店しています。今年は3店舗が初出店で、そのうちの1店舗は、老舗豆腐店と共同開発した「豆乳せっけん」を販売しており、買い物客の関心を集めていました。「京都歴代のれん市」は今月28日まで開かれ、浜屋では期間中およそ6万人の来場を見込んでいるということです。
私立高校で教師が生徒に体罰・暴言
10月24日
今年6月、県内の私立高校で50代の男性教諭が生徒の頭を拳で殴るなどしたうえ、3階の校舎の「窓から飛び降りろ」などと暴言を吐いていたことが分かりました。教諭はその後、学校を退職しています。学校側への取材によりますと今年6月10日、この50代の男性教諭は、理科の授業中に質問に答えられなかった3年生の男子生徒の頭を拳で3発殴ったり、本を重ねて叩いたほか、胸ぐらをつかみ「わからなかったら窓から飛び降りろ」と暴言を吐いたということです。教室は3階にあり、この生徒はその日のうちに担任に相談。学校側が男性教諭に話を聞いたところ、教諭が体罰を認めたため学校側は退職を勧告。教諭はその後退職しています。教諭はこのほか、少なくとも3人の生徒を拳で殴るなどしていたということです。教諭はこの学校に30年以上勤めていたベテランで、取材に対し、学校の校長は「教諭の発言を重く見て退職勧告をした。人としてあってはならない発言で許されない」としています。
大村市のデパートの外階段でボヤ
10月24日
大村市の商店街で24日未明、4階建てのビルの外にある物置き場が燃える火事がありました。けが人はいませんでした。火事があったのは大村市本町の大村中央商店街にある西沢本店で24日午前2時45分頃、店の外にある物置き場で「ごみのようなものが燃えている」と通行人から119番通報がありました。火は約30分後に消防隊によって消し止められましたが、この火事でダンボールやゴミなどを置く物置き場(およそ6平方メートル)が焼けました。けが人はいませんでした。警察によりますと、出火当時は閉店中で誰もおらず、物置き場に火の気はなかったということです。警察では不審火の可能性もあるとして、消防と合同で実況見分を行い出火原因を調べています。